Beyond 5G時代に向けた新ビジネス戦略セミナー(第4回)
「IoT 時代における新たな経営戦略へのヒント
~欧州委員会を中心とする標準必須特許の戦略的取組から~」

2021/08/13

概要

 産業構造の大きな変革のなか、イノベーション創出のベースとなる標準や知財を取り巻く環境は激変しています。欧州産業の発展における標準必須特許(※)の重要性が増す中で、欧州委員会は、(1)「Action plan on IP」(2020年)、(2)「EU SEP Expert Group Report」、(3)2020年末から行われた5回の「SEPラウンドテーブルWebinar」など、専門家や利害関係者を巻き込んだ取組みを行ってきました。
 今回、欧州委員会でこれら活動の中心となったVan Rooden 氏、EU SEP Expert Groupで企業の立場から中心的役割を果たしたRuud Peters 氏の二人のスピーカーを迎え、欧州におけるSEPを巡る課題とその解決の方向性についてお話しいただき、日本として企業としてどう臨むべきか、そのヒントについて議論します。
※標準必須特許:Standard Essential Patent(SEP)

<登壇者>
講演(1) Ms.Adriana Van Rooden IP Policy officer EU DG GROW(※欧州委員会成長政策当局)
講演(2) Mr.Ruud Peters CEO at Peters IP Consultancy B.V.(前フィリップス社知財責任者)
(補足)講演(1)及び(2)には同時通訳がつきます。

モデレーター
・二又 俊文 SEP研究会座長/東京大学未来ビジョン研究センターシニアリサーチャー
・日高 誓子 英国弁護士/Counsel Norton Rose Fulbright LLP

※講演(1)、講演(2)、及びQ&Aを実施した後、対談形式で、講演(1)・(2)から見えてくる事柄や、日本及び日本企業における課題とどう結びつけられるかを議論します。